記念すべき第1回ピアノレッスン

な~んか・・・オーバーなタイトルをつけてしまいました。すいません。
「記念すべき第1回ピアノレッスン」だなんてね(笑)
今日は、久々の・・・20数年振りの・・・ピアノレッスンでした。
先生の家の前で緊張しながら、玄関に入りました。
本当に緊張しました。脇汗??。。。。
レッスンは、ハノンの第1番と
メンデスルゾーン/無言歌集 op.102,No.4「Un poco agitato,ma andante」の2曲」を
準備して行きました。
先生には、無言歌集をやりたいような事を伝えていたけど、どの曲をするかは、言っていませんでした。でもop.102,No.4「Un poco agitato,ma andante」にしました。
ひとめぼれの曲ですから・・・。(笑)
自分の力より上でも、惚れ込んだ曲なら頑張れるものです。
メンデルスゾーンの無言歌集ですが、全音版と輸入版のヘンレ版の2冊を持っているのですが、
ヘンレ版と全音版は、記載されている指使いの番号が違います。
全音版は、外人に比べたら手が小さい日本人用の指使いになっているような・・・。
ヘンレ版はともすると自分の指の運びに迷いがあったりします。楽譜が全音版よりは、シンプルな分

指使いだけでも、結構時間が、かかった自分。指使いがしっかり出来ていないと弾くたびに
混乱してしまいます。だから指使いを楽譜に自分の思うように弾きやすいように必要な部分だけ記載しました。心配なところは後で先生に確認すれば良いですから。
今日は、少し曲を弾きましたが、ゆっくり何度も間違えました。(笑)
指使いもまだ馴染んでなくて・・・。
先生は、この無言歌集のop.102,No.4「Un poco agitato,ma andante」を弾いた事がないと
言ってました。でも初見で弾いてくれて指使いも楽譜に書き込んでくれました。
さすがですね・・・。先生。
これまでの経験上、指使いが決まったら結構曲を仕上げる時間が、早くなります。
頑張って次回のレッスンでは、どうにか曲として流れるようになれれば良いかと思います。
あと、最初にハノンの第1番を弾きました。
しばらく弾いてない割にはいい音のような事を先生に言っていただきましたが、
もっといい音で弾ける事を指導されました。それは、脱力して弾く事です。
先生から指摘されたのは、僕の弾き方、フォームは手首あたりで力が止まっているとの事です。
そう、手首はほとんど動かさず指だけで弾いているのが僕の弾き方だったのです。
先生のハノンの弾き方を見ると手首が結構動いています。
その時、腕の動きとかじっくり見てすぐに把握する事はできませんでした。
どういう風に手首を維持しながら、腕を維持しながら動かして弾けばいいのか?
次回もう一度質問してみようかと思っています。
たしかに脱力して弾いた先生のハノンの音は、違っていました。
僕の弾くハノンのピアノの音は、音が無機質というか、重くて表情がないというか・・・。
先生の弾く音は、軽やかさがあり音が立ち上がっているかのような印象がありました。
脱力はすぐに出来る人はあまりいなくて、2~3年かかる人もいるような事を仰っていました。
脱力・・・・マスターしたいなぁ。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-07-15 02:45 | Piano Lesson

ピアノ練習中

ピアノ練習開始でございます。
家には電子ピアノ(YAMAHA YDP161)しかないので、この電子ピアノだけが頼りです。
生のピアノで勿論練習するのが一番ですが、
まぁ、時にはピアノが練習出来るスタジオに入って練習するのもいいかもしれません。
電子ピアノは、いくらピアノに近い形で製造されているとはいえ所詮電子ピアノであって
生のピアノとは別物だと考えています。
今後レッスンでやるのは、「ハノン」と「メンデルスゾーン/無言歌集」の2曲になっています。
メンデルスゾーンの無言歌集はどの曲をやるのかはっきり決めていなかったのですが
今日決めました。動画でアップしました「op.102-4 」にします。
この曲に出会った時に、ひとめぼれでした(笑)
今日は、ハノンを1番から5番程まで弾いてみました。
普通に弾いたりスタッカートで弾いてみたり。スタッカートで弾いたら腕が疲れる。
もう20年も弾いていないこの腕の筋肉が、ピアノを弾くのに使われていないから
疲れてしまうのでしょう。あと余分な力が入っているのでしょう。
メンデルスゾーンの「op.102-4」触ってみましたが、難しいです。でも
頑張ります。あこがれの曲なので、それだけが原動力です。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-07-11 03:03

体験レッスン②

f0364360_18450298.jpg
f0364360_18450441.jpg

先生の家で、今後のレッスンの相談後、
楽譜を買いに、近くの楽器店へ。

□グリーグ 抒情小曲集1  音楽之友社
□グリーグ 抒情少曲集2  音楽之友社
□メンデルスゾーン 無言歌集 全音楽譜出版社
□メンデルスゾーン Lieder ohne Worte G.Henle Verlag

新しく楽譜を買って家に帰る。
とても新鮮な気分。
誰に強制されたわけではなく、自分の意志で決めた事。
楽しくわくわくして取り組めたらいいなぁって単純に思います。
正直、レッスンは思うようにも運ばず苦しくなる事もあるでしょうが、時に深呼吸しながら、
ピアノを頑張っている皆さんを励みにやっていけたらと思います。
よし!やるぞーー!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-07-02 18:32

体験レッスン①

夜勤明けの仕事を終えて、寝る時間が無かったけれど、
家についてシャワーを浴びてすぐにピアノの先生の家へ。15時からの約束。
先生の家に、はやめに着いて、付近を散歩。
今日は、今後のレッスンの曲を決めたり、日程、時間、レッスン料について話をする予定だった。
やはり、初対面なので緊張しますね。
先生の自宅の玄関先入り口のドアの呼び出し(ピンポン)を押しました。
先生がすぐに出て来られました。
家にあがらせていただきました。先生のお母様が珈琲を入れてくださいました。
体験レッスンという事なので、出来れば僕がピアノを弾いた方が良かったのかもしれませんが
準備が出来ていなかった事もあり弾きませんでした。
僕がピアノを弾いていれば、先生はどれくらいのレベルか把握が出来て今後のレッスンの曲の
相談がしやすかったかと思います。
どれくらいのレベルなのか把握できなかった先生も、やりづらかったかと思いました。
レッスン室を見せて頂き、ピアノの前に座り少し「ハノン」の1番をさわりだけ弾きました。
「先生がちょっと弾いてみますか?」と言われたので・・・。
防音室使用の部屋の中にYAMAHAのグランドピアノが置いていました。
狭い部屋の中にグランドピアノが置かれてちょっと窮屈な感じがしましたが、
集中するには、いいかと・・・。(笑)
月2回のレッスンで8月までレッスン予定日を決めさせて頂きました。
これまで僕は、ハノンとチェルニー、バッハ、任意の曲と1レッスンで4曲やってました。
大昔の話ですが・・・。
今回は、先生と相談して「ハノン」と「任意の1曲」の計2曲をレッスンする事となりました。
チェルニーとかは、曲としてピアノで≪歌う≫という練習にはあまりならないとの事をおっしゃっていたと思います。今後ショパン等早いパッセージが求められる曲をやる場合は、ハノンをやっていた方がいいのかもしれないという事もおっしゃっていたので、今回は「ハノン」をレッスンする事に
なりました。
任意の1曲は、僕がその課題を持ち帰って決める事となりました。
僕の希望として、今現在自分のレベルを踏まえて、いや、レベルを超えているが
メンデルスゾーンの「無言歌集」、グリーグの小品を将来的にやりたいと先生に伝えました。
先生がメンデルスゾーンの「無言歌集」の最初の1曲「甘い思い出」のさわりを弾いてくれました。
家に持ち帰ってレッスンする任意の1曲は、もう本当はすでにこの「甘い思い出」に決まって
いたのかもしれません。決めていたのかもしれません。
自分の実力を踏まえて先生にその場ですぐにこれがやりたいですと言うのが、何となくためらったのは
本当に自分がレッスンでこの曲が弾けるか不安があったかと思います。
家でちょっと弾いてみてぜんぜん弾けるレベルじゃなければ、別の曲に変更する事も勿論可能
なので、家で触ってみたいと思います。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-07-01 00:00 | Piano Lesson

好きな作曲家/ラヴェル

ラヴェルと言えば、専門学校時代に、「クープランの墓」の中のメヌエットという楽章を
ピアノの試験曲として弾いたので思い出深いです。
ここにあげるのは、弾いてみたい曲ですね。

【 亡き王女のためのパヴァーヌ】
これはあまりに有名すぎる曲ですね。



【古風なメヌエット 】



【ボロディン風に】



【ピアノ協奏曲ト長調】
第2楽章が好き。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-27 00:00

好きな作曲家好きな曲/ フォーレ

嬉しい事にこのブログでコメントを頂けるようになりました。
その中で、僕の好きな曲を具体的に教えて欲しいとコメントがありました。
それで今日は、僕の好きな作曲家の好きな曲をUPしたいと思います。
このブログに動画を貼り付けようとして試してみたらうまくできず・・・・。
いろいろ調べてやってみてもうまくできず、ブログそのものに不具合があるのではないかと思ってしまっていて・・・。
スキン(ブログを書くフォーム)を変更して試してみたら出来た・・・。

【フォーレ/夜想曲第6番】
いつか弾いてみたい曲です。静かな音楽の中に、はかない美しさのような物が散りばめているような。



【フォーレ/無言歌 Op.17-3 変イ長調】
これも弾いてみたい好きな曲。いつも自分の心に自然に入ってきて心つかまれるのがフォーレ。



【フォーレ/ピアノ五重奏曲 第1番 ニ短調 作品89 】
フォーレとの出会い曲。友人に勧められて聴いてみたら1発で虜になってしまった曲。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-26 00:00

残念・・・ピアノサークル探し

このブログにも投稿しましたが、
先日、ピアノサークルに入会の問い合わせをして
返事が来ました。
今回は、残念ながら入会出来ませんでした。他のピアノサークルを探したいと思っています。
僕が、入会希望したピアノサークルの管理人様へメールを送信しました。

先日、入会の問い合わせをして
1週間後にお返事頂きました。
「実は、現在、練習会参加者が過多になってしまい、
一時的に募集を停止しております。わざわざご連絡いただきましたのに、大変申し訳ありません。」との事。
事情は、わかりました。ありがとうございました。
ピアノサークルのHPを見てとても雰囲気が良さそうな気がしてとても期待していただけに残念でした。
HP上で、
≪メンバーは随時募集していますが、一時休止の場合はその都度HPにアップ致します。 ≫
と記載がありましたが、どこにもその旨の記載はなかったように思います。
私が見逃していたのかわかりません。
今後、募集をしていない状況であれば必ず募集をストップしている旨HP上で載せていただけませんか?
私のようにピアノを再開して希望を持って問い合わせをして者には、がっかりなのです。
私のような者も世の中にいるという事で是非、ご対応お願い致します。
今回、残念ながら入会を見送りますが、皆さんの発展をお祈りいたします。
管理人さん。気分を悪くしたならごめんなさい。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-25 03:31

好きな作曲家・・・

聴きこんでいけば結構、いろんな作曲家の音楽に酔いしれて
その音楽の虜になってしまう。
シューマン、シューベルト、ベートーヴェン、モーツァルト、バッハ、ショパン、メンデルスオゾーン、グリーグ、
ドビューシー、ラヴェル、フォーレ、ブラームス、スクリヤービン、ラフマニノフ、スカルラッティ、
シベリウス・・・・。
いろいろ聴きこんでいいなぁと思っていても、自分の本当のに好きな作曲家、自分が弾いてみたい作曲家は・・・
今のところ、フォーレ、ラヴェル、ドビュッシーかなぁ。印象派の作曲家。
そしてシューマン、ブラームス。
いつか自分の手で弾けたら・・・。
透明感があって、キラキラ輝いているかと思えば、立ち上る力強い音像だったり、
静寂の中に消えゆく音・・・。
その音の波に身を置いてふと弱音に、身を引いたような音に
心を持って行かれる。
ピアノって・・・技巧的な音楽で、テクニックで聴く者を引き付ける事があるが、
僕は、それより消えゆくような弱音の中に「美」を感じる。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-24 00:51

久々にCDを買いに・・・

新宿のTOWER RECORDSに行ってCDを2枚買って来た。
ついでにコンサート情報が記載されいる「ぶらあぼ7月号」をもらって来た。
買ったCDは、以下の2枚。
この年になると(中年)、新しい物や新しい事に対して入り込む事が無意識?のうちに
億劫になるのか。これまでやって来た事には容易なのに・・・。
いやともすれば今までやって来た事さえも興味が薄れてしまっているような・・・。
柔軟性が無くなるというか。無気力?怖い怖い。
ピアノのCDを購入して聴いたりピアノリサイタルに行くのが趣味ではあるが・・・。
CDを購入する事がめっきり少なくなって来た。
クラシックの月間雑誌「レコード芸術」も約25年以上途切れる事買ってきたのに今では途切れるようになってしまった(笑)
好奇心が無くなってしまうのは、恐ろしい。怖い怖い。
皆さんは、音楽を聴く際は、CDを購入して聴いているのだろうか。レンタルで借りて聴くのだろうか。
僕は、所有欲が強いのでレンタルでは気がすまなく必ずCDを購入して聴く方です。
特にクラシックのCDは、限定盤はすぐになくなるか限定盤ではない通常のCDでも物によっては、手に入りにくかったりする。一度廃盤になってしまうと再発になるまで10年以上いや、20年以上待たされたり・・・。とんでもない。
だから廃盤になりそうなCDは、急いで購入してしまったり。
おこづかいも無限ではないから、欲しい物がすべて手にはいるわけではない。

レコード(LPレコード)からCDに移り変わって・・・
今は、ダウンロードの時代。CDは売れなくなっている。
個人的には、ダウンロードよりCDが好きだ。
ダウンロードは、ジャケットもないし、歌詞カードもないし味気ない。
LPの時代は、30cmのアルバムジャケット写真のアートの要素を音楽が混ざり合ってひとつの世界があったような気がする。ダウンロードは、ハイレゾと言った高音質の恩恵もある。
ハイレゾ音源を聴いたが、CD以上の高音質で昔の名演が目の前で演奏されているかのような空気感が感じられるいい音。

中年になって、ずっと山のようにCDを持っているのもどうかと思う事がある(笑)
自分の荷物は、少し少な目な方がいいのではないかと。(笑)
PCに音源を詰め込んで聴いて極力自分の死後の荷物は少ない方がいいのではと思ってしまう(笑)
おそらくそう考えた事がある人はいるのでは?(笑)
おっとちょっとマイナス思考なので、やめましょう(笑)

一生の内に出会える人と同じように、出会える音楽、出会える名演は限られていると思う。
自分から身を乗り出していかなければ、そんな奇跡的な音楽に出会えない。
また名演を名演と感じられる感性がなければ、自分から通り過ぎてしまう。
難しい事は、今は置いて・・・。
楽しみましょう。音楽を。
・・・まずは。



■グリーグ:「抒情小曲集」より、バラード 作品24
ピアノ:ペーテルヤブロンスキー
Octvia Records OVCT-00406
f0364360_2364792.png

f0364360_2371043.png

■J.S.バッハ:ゴルトベルグ変奏曲
ピアノ:アレクサンドル・タロー
ERATO WPCS-13262
f0364360_2373210.png

f0364360_2374971.png

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-23 02:38 | CDコレクション

皆さんのブログ

ピアノのブログをはじめてまだ約1週間近く。
更新をしてまだ1件もコメントがありません(笑)
自分のまわりでピアノをやっている人は、少なくはなのですが、
このブログの存在を伝えていないという事もありますが(笑)
伝えるのもなんとなく気恥ずかしいような(笑)
ブログ村の「ピアノ」に登録をしているけれど
皆さんのブログを見ると・・・勉強になりますね。
いろんな目線からいろんな角度からピアノと向き合っていてすごい。
このブログは、ピアノが中心になるけれど、
時にはピアノから離れて違う事も投稿してもいいと思っています。
皆さんのブログを拝見させていただいて、コメントもしてみようかな。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-22 00:21

ピアノスタジオ探し

ピアノのレッスンを行うにあたって・・・
勿論、ピアノが自宅にあればいいが、残念ながら電子ピアノしかない。
所有しているのは、YAMAHAのクラビノーバ。

大昔、電子ピアノで練習をして、ピアノのレッスンを受けに行ったら・・・・
何か電子ピアノと生ピアノの差を感じて。

電子ピアノは、ピアノに近いタッチ感や音色となっているがやはり違う。

音の表現というところで、電子ピアノだとこじんまりとしてしまうというか。
そう感じた事があった昔。

電子ピアノで練習するのは、勿論指を覚える意味でいいかもしれない。
でも音を表現する意味では、ちゃんと生のピアノを触らないといけないと思っている。

そんな中考えたのが、ピアノを一人で練習出来る貸しスタジオ。
調べてみたら、結構高い。(笑)
自分がパソコンを叩いて調べたところ、1時間¥320が最安値。
僕の自宅からスクーターで20分くらい。

http://studio.sopic-jp.com/studio_d.html

ひとりで集中して練習する空間は、大事な時間。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-21 19:05

ピアノサークル探し

ピアノの先生の体験レッスン日も決まった。
次々いろいろピアノ再開にあたって自分がやりたい事、必要な物とか考え始めています。

ピアノを始めたら、ピアノサークルに入って、他のメンバーの皆さんと
ピアノを弾く喜びやまた大変さを共有出来たらと思っていました。
ネットでピアノサークルをいろいろ調べて目に止まったのが、あるサークル。
ホームページを見てみたら、7/2(土)にそのピアノサークルの演奏会がある。

どんなサークルの雰囲気か、演奏の雰囲気か
仕事もちょうど休みだし行ってみようかと考えています。
今日、そのサークルの管理人さんに、サークルの入会希望である旨、メールしました。

いろんなピアノサークルがある中で、演奏会を終えて出演者が全員そろっての記念撮影が
あったりしますが、そのサークルのホームページに記念写真が載っていました。
出演者全員の記念写真が載っているのは、珍しい気がします。
他で見かけた事がないからです。
写真を見る限り、なんとなく雰囲気の良さそうなピアノサークルだと感じました。
まぁ、管理人さんが、入会をOKしてくれるかは、わかりませんが
結構サークルによっては、入会者が多く、一時的に制限を掛けているところも結構あったりするものです。
いろいろこのホームページを立ち上げてから、動いている自分。
扉の前にたって緊張しながらも、これから出会う人、これから出会う様々なシーンに
期待したり不安になったり・・・。
どんな人が、どんなシーンが待っているのでしょう。
このブログでもやりとりして頂ける方も募集しています。
もし読んで頂いている方で友達になっていただける方、同じピアノを頑張っている方と
出会いたいです。
よろしくお願い致します。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-20 12:27

体験レッスン

ピアノの先生候補ににメールを何度もやり取りさせていただいて・・・。
体験レッスン日が決定しました。
7/1(金)です。
先生の自宅?かと思われますがまだ行った事がないので何とも言えませんが。
これまでレッスンを受けた事のある曲を最初のメールやりとりの際に提示していました。
・シューマン:子供の情景より「見知らぬ国 / "Von fremden Landern und Menchen"」
・ドビュッシー:子供の領分より「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」
・ラヴェル:クープランの墓より「メヌエット」
・・・と一見それなりに初心者ではなく弾けるのでは?と思われそうですが
なんせ20数年のブランクはあまりに大きいのです(笑)
先生には、たしかソナチネあたりから始めた方がいいのかも?と送信したような気がします。

体験レッスンは、7/1まで少し日が先ですが、
先生に、体験レッスンで曲は弾かないといけませんか?準備が何も出来ていませんと送信したら
最初は、顔合わせなので弾かなくても大丈夫と返事が返ってきました。
良かった~~~~。(笑)
体験レッスン日に、レッスンする曲とレッスン日を決めたり、レッスン料の話をする事になります。
毎週レッスンをするのは、厳しいので隔週でお願いするつもりです。

まぁ、体験レッスンを引き受けて下さったという事は
よほどの事がない限り、もう先生は決まったようなものかと思います。
先生にメールをしてトントントンと僕のピアノへの扉が開かれている。
そんな気がしています。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-19 22:31

ピアノの先生探し

ピアノを再開するにあたって重要な事。
それは、ピアノの先生を探してレッスンを受ける事。
何年か前、ネットで自分の自宅周辺のピアノ教室を検索し、先生候補を自分の中で考えその方の演奏会を聴きに行った事もありました。

今回、このブログを開設した前日に、
僕は、ある女性ピアニストにレッスン依頼のメールを送信しました。
そのピアニスト(先生)は、音大卒業後、海外留学し海外のコンクールでも最高位を獲得されたピアニストです。たまたまのぞいたそのピアニストのホームページに積極的にレッスンも行っている事が記載されていました。
僕みたいな者がレッスンを受けるのには、勿体ない先生。
まだ、その先生が引き受けて下さった訳ではありませんが、
体験レッスンを今度受ける為、スケジュール調整をしているところです。
どんな曲のレッスンをするか、レッスン日の設定、レッスン代の事を相談する予定です。

ピアノの先生を探すにあたって大事な事は何なのか。
ふと考えたりします。
以前、友人がその答えとして
自分が弾きたい曲、弾きたい作曲家を得意とする先生が良いような事を言っていた気がします。
たしかにそれは間違いない答えかと思います。
僕が考えるピアノの先生を探すにあたって大事な事と思うのは、
演奏の手ほどきをを身を持って、音色を聴かせてくれる先生がいいなと思っています。
そして生徒とのコミュニケーションを大事にしていただける先生がいいなと思っています。
恥ずかしながらインターネットでも、どんなピアノの先生がいいのか調べてみたら
「相性」という事をあげている方がいました。
そうかもしれない。「相性」はたしかに大事だ。
その人にあったアドバイスができるか。同じようにアドバイスしても同じように生徒は育たない。
僕が、レッスンを見てもらう先生との相性はどうかわからないが、相性はレッスンする前から
わかるものではなくレッスンを受けてわかるもの。
最初からそんな先生は選べない。
今回、僕が大事にしたいのは、レッスン日までに可能な限り練習をする事。
当たり前と言えば当たり前の事だが。
以前も仕事をしながらレッスンを受けていたが、仕事が忙しいとかまけて練習が不十分で
レッスンを受ける事がとても苦痛になっていたのである。
自分自身も前回のレッスンと変わりばえしない状況に落ち込むし、
先生にとっても上達していない事に苛立ちを感じてしまっているのではないかと思ってしまう。
たしかに仕事しながらのピアノの練習は大変だろうが、可能な限り頑張っていきたい。
先生が確実に決まったら・・・次は・・・・。
どこかのピアノサークルに入りたい。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-18 04:51

ブログ「Piano Note」開始!

昔、ピアノをやっていて再開したい再開したいと思いながら・・・
随分月日が流れてしまいました。
仕事で忙しかったって言う言い訳は、しない方がいいですね(笑)
ただ自分の思いが行動と伴っていなかっただけ。
やっとの思いで、この年になってピアノを再開しようと重い腰をあげています。
このブログを開始する事で、ピアノと向き合い自分と向き合うきっかけにもなるかと思いますし
いろんなピアノ曲や作曲家や演奏家の方との出会いにすごくすごく期待しています。
自分自身が動いて行かないと何も始まりませんね。
このブログを通してピアノを頑張っている方と思いを共有して自分自身励みに出来たらと思っています。よろしくお願い致します。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
[PR]



# by piano-note | 2016-06-17 11:21

ずっと再開したかったピアノをはじめました。
by shuu-シュウ-
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

最新の記事

記念すべき第1回ピアノレッスン
at 2016-07-15 02:45
ピアノ練習中
at 2016-07-11 03:03
体験レッスン②
at 2016-07-02 18:32
体験レッスン①
at 2016-07-01 00:00
好きな作曲家/ラヴェル
at 2016-06-27 00:00

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧